牛タン...

c0118332_1326135.jpg

牛タン好きです(笑

特にテールスープを飲むと元気になります。

仙台に出張に行くと必ず食べに行きます。

定食の1.5という肉が五割増しのをいつも注文します。

でも狂牛病騒ぎ以来国産牛は異常に高くなってしまい閉店してしまう店なんかもあるそうです。

そういうわけで最近は値段が五割増しのお店も多くなっていますね...。

肉じゃなくて値段が1.5...なんちって
[PR]
# by s-juku | 2006-05-31 00:00 | Trackback | Comments(0)

新発寒道場稽古

c0118332_13271339.jpg

最近子供達の成長の早さに驚くことが多い。毎週稽古で会っているはずなのにある日突然成長しているのではないかと思ってしまう。それほど子供達の成長パワーが凄いということなのだろう。

今日「大会で勝つためにどうするべきか」という事を雑談で話したのですがまずは最低条件としては稽古量が全てになります。

特に高校、大学の部活動等はほぼ毎日2時間以上の稽古を3~4年継続するわけですから、稽古内容の良し悪しは別にして稽古量についての問題がクリアされます。それから技の質への転換を計るという順序になります。自分の事を振り返ると一番稽古したのは中学~高校にかけて最低毎日2時間、多いときは8時間とか稽古していました。もう何十年も前になりますがこの時の意味もないような反復稽古が今も歳の割には多少は動ける?貯金になっているような気がします。

どんなスポーツ競技でも頂点に立つには週に1,2度程度の稽古ではどんな天才でも無理でしょう。

でも稽古する時間に関しては皆に平等です。環境もある意味関係ありません。

自分の場合ちなみに学生時代は朝と夜は近所の公園で各2時間稽古していましたから...。

どんなルールの大会でも構いませんが「どんなことをしても本当に勝ちたい」と考える塾生には協力を惜しみません。どんどんチャレンジするべきだと思います。

ただ試合に勝つという事は試合ルールを研究して「試合向け」の稽古をたくさん積んだ者が勝つという「スポーツ」ですから武術としての強さとは何の関係もありません。武術としては一般部の稽古に参加されている方は良く理解されていると思いますがある意味正反対の稽古になってしまいます。

ただどんな応用技術も一定量の基礎、基本技の反復稽古がないと教えても理解することすら出来ないと思います。
[PR]
# by s-juku | 2006-05-25 00:00 | Trackback | Comments(0)

麻生道場稽古

c0118332_13282235.jpg

本日麻生道場稽古日。

後半の一般部は川崎君の高体連に向けての集中稽古を行いました。

リラックスと集中力を忘れなければきっと活躍してくれると思います。

あとは公平な審判を期待します(笑

今日は超高速突きを反復稽古しました。

「当てよう、倒そう」という意識がかえって邪魔してしまいますね。

思い込みの転換が必要かもしれません。
[PR]
# by s-juku | 2006-05-20 00:00 | Trackback | Comments(0)

つけカレー

c0118332_13294361.jpg

昨日遅くに出張から戻りました...。

ところで蕎麦は会社の近くにある「あずまや卯門」さんで食べることにしています。写真は「つけカレー」。

カレー蕎麦というのはよくありますが「つけカレー」というのは珍しいですね。

ちょっとづつカレーにつけて食べて残りをごはんで頂いてもおいしいです。

最後に飲む蕎麦湯がまた旨し...。
[PR]
# by s-juku | 2006-05-18 00:00 | Trackback | Comments(0)

拳サポーター

c0118332_13304486.jpg

今回の高体連に新川高校空手部から川崎鉄平君が出場します。

今年から全空連の公式拳サポーターが画像の青赤セットに変更になったので新しく購入しました。

本日麻生道場に新発寒道場の佐々木君も川崎君の稽古応援に自転車で来てくれました。来週も大会向けに稽古する予定です。

後に続く後輩のためにも川崎君には活躍を期待しています。

HPのトップ画像ですが前川師範のプログから勝手に頂戴いたしました。

大会のオープニングで新発寒道場の本間君の号令での選手基本稽古の様子です。
[PR]
# by s-juku | 2006-05-13 00:00 | Trackback | Comments(0)

札幌市手稲区、西区、北区を中心に12ヶ所で空手教室を開設しています。 3才~70才まで幅広い年齢層の方が楽しみながら武道空手を学んでいます。


by s-juku
プロフィールを見る