室蘭同好会...

昨日、室蘭にいる鉄也君からうれしいメールが来ました。

彼は今年の春から札幌を離れ一人で看護士を目指して

室蘭の日鋼記念看護学校に通っています。

次は稽古の様子を撮影して送ってくれるそうで楽しみですね。

孤軍奮闘でも頑張っている気持ちがとても頼もしいです。

初めての一人暮らしでなおかつ学業と空手の両立は難しいですが

住吉塾の後輩たちの為にもやり遂げてください。

黒帯の誇りを持っている君なら出来る、期待してます!

以下、心配していた住吉塾の皆の為に鉄也君の許可を得て

メールを転載しておきます。

-----------------------------------------------------------------

同好会の方は、学校の授業時間の変更が結構あったりして

できない週もあるんですが、積極的に活動してます!

人数はまだ3人での活動なんですけど、気合いバッチリで稽古してます。

まだいろいろとぎこちない点もありますが、これから徐々に慣れて

いってもらい、自分も教える側として慣れていこうと思ってます。

-----------------------------------------------------------------
[PR]
# by s-juku | 2006-11-22 00:00 | Trackback | Comments(0)

士心塾...

c0118332_11492722.jpg

前川先生を中心に講武釈義について学問し討論と実践を行う

士心塾を立ち上げました。

写真は末吉師範代が士心塾の題字の作成を請け負ってくれ

いくつか案を出してくれたものです。

書道としか思えませんが筆ペンで細かい表現をしています。

器用ですね~。

彼は見かけらよらずデザインのセンスが抜群なんです(笑
[PR]
# by s-juku | 2006-11-19 00:00 | Trackback | Comments(0)

約束...

宮の沢道場で挨拶について子供達に質問してみました。

「お父さんやお母さん、家族の人たちに朝はおはようございます、

夜はおやすみなさいという挨拶を毎日していますか?」

結果は幼児~低学年の子は八割が行なっている、

中学年~高学年では二割が行なっているという事がわかりました。

この数年の年齢での違いについては詳しく考察しなくては今はわかりません。

でも全員理由はともかく挨拶は大切だねという意見は一致しました。

そこで来週の稽古までの一週間は

「おはようございます」「こんにちわ」「こんばんわ」「おやすみなさい」

という日常の挨拶と「家の玄関に入ったら最初に靴を全員分揃える」

という約束をしました。

とにかく実行してみて何が変わるのか試してみようという話をしました。

来週のみんなの報告が楽しみです。

子供達との約束ですから私も忘れずに実行してみます。

何かが変わるかもしれません。

実は私は家では何も考えていないのでいつも家族に叱られています(笑
[PR]
# by s-juku | 2006-11-18 00:00 | Trackback | Comments(0)

真の指導者

今から数年前にある方のご好意によって一本のビデオを手にしました。

それは長野県で空手を指導されている先生のドキュメントとして

あるニュース番組の中で特集として放映されたものです。
私にとっては人生観を変えるほどの衝撃を受ける内容でした。
私のコメントは控えさせていただきますが皆さんが何かを感じてくれたらうれしいです。
以下にその内容を思い出して抜粋させていただきます。
関係者の方、もし間違いがありましたらご容赦ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先生は生徒の中から日本チャンピオンを輩出されるほどに指導力には定評があり

長年に亘ってたくさんの子供達に仕事の傍ら指導を続けていました。
しかし先生は不幸なことにある日突然癌に侵されました。
気づいた時にはすでに全身に転移しており余命宣告を受けてしまいます。

先生は入院や治療を拒み仕事を辞め最後まで空手の指導を続ける決心をしました。
先生は指導中も激痛に耐えながら子供達に激を飛ばします。
「自分を誤魔化して何になる!自分に負けるな!」

最後まで指導を続け稽古終了間際に倒れ意識を失い救急車で搬送されます。

救急車が到着するまでは側で弟子、父兄、子供達が見守っています。

一人の子供は先生の長年の稽古でボロボロになった黒帯を両手で握り締めて泪をこらえます。

(その子は学校でのいじめをこの道場の稽古によって克服し大会に出場するまでに強くなったそうで先生を心から尊敬し遠くからお父さんに車で連れてきてもらっています)


その日遅く、先生は永眠されました。

先生の奥様は後日「ほんとうに主人は幸せだった、本望だったと思います」と静かに語られます。

今もお弟子さん達が先生の生き様を通して教えられた心を子供達に伝え続けています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この方は日本空手協会の丹下先生です。
合掌
[PR]
# by s-juku | 2006-11-17 00:00 | Trackback | Comments(0)

女子空手家の卵...

c0118332_13485826.jpg

新発寒道場にて保育園に通っている女の子4人の道場デビュー(初稽古と体験稽古)

かわいすぎてすでに道場のアイドルとなっています。

でも彼女たち...気合入ってます!

目が輝いています!

道場に彼女たちの気合が響き渡ります。

間違いなく強くなりそうです...。

これから先生も負けないように一緒に稽古しますから将来は手加減してくださいね(笑
[PR]
# by s-juku | 2006-11-16 00:00 | Trackback | Comments(0)

札幌市手稲区、西区、北区を中心に12ヶ所で空手教室を開設しています。 3才~70才まで幅広い年齢層の方が楽しみながら武道空手を学んでいます。


by s-juku
プロフィールを見る